私を生きてみる♡愛知・名古屋 望月ひろこ 女性のうつ・パニック女性専用サロン
2021-11-14

毒だし気功

気功を受けると、体と心が反応して「毒だし」が起こります。
これは、デトックスです。毒だしが多めの方・強めの方には、心の毒だし気功、からだの毒だし気功をお値打ちで何度も受けれる基本コースのオプションもありますので、ぜひ、ご検討ください。

心の毒だし気功

体のデトックスは、なんとなくわかっても「心の毒だし」って聞いたことがありませんよね。
心にも毒(汚れ)はたくさんあります。
体の毒の何千倍とも言われています。

心の毒だしは、ネガティブな感情が出てきます。
悲しみ、怒り、不安、恐怖、モヤモヤ、落ち込みなど、様々です。

そんな時は、我慢せず口から出してくださいね。
悲しかったら、声に出してたくさんたくさん泣きます。
怒りや、不安や恐怖も同じこと。声に出していきます。

心の毒は、口から声にして出すしかないのです。
逆にそれをしてこなかったから、病気になってしまったとも言えます。

そして、心と体はつながっていますから、
泣くと、心だけでなく体にも反応があり、楽になったと実感するでしょう。^^

そして、珍しいところだと「夢」
これも心の毒だしと関係します。

普段みないような、気持ち悪い夢、怖い夢は心の毒だしです。
目覚めても気持ち悪さや怖さが残っている夢ほど、深い心の毒だしになります。

心の毒だし気功は、潜在意識にある心の毒を直接消滅していきます。
そのため、スッキリする人もいれば、次の心の毒だしが始まることもあります。

何れにしても、毒の総量が減らすことが重要。
出てくるものは出していきましょう。

からだの毒だし気功

肉体の毒には、2種類あります。

1)肉体にとって有害、または不要な物質。
これは、肝臓によって解毒が必要なもの、汗や尿など不要物として目に見える形で排出されるもの。

2)気の毒
肉体にも精神があり、外部からの衝撃、飲食、呼吸、皮膚から有害物質を取り込んだ時、苦痛の気を生みだします。

この苦痛の気は、重いので出しにくいのが特徴。
この気功をすることによって、スムーズに排出しやすくなります。

からだの毒だし気功は、同時に副交感神経を優位にする気功、経絡を活性化する気功などを取り入れながら実施していきますので、からだのメンテナンスをしながらリラックスしていただけると思います。^^

関連記事