私を生きてみる♡愛知・名古屋 望月ひろこ 女性のうつ・パニック女性専用サロン

emplirのご紹介

私のこと

愛知県名古屋市で女性のうつ・パニック専門の気功師・気功カウンセラーをしております。望月ひろこです。

私は、20代の頃、摂食障害になり、30代に不安神経症、低血糖症、無呼吸症候群、若年更年期、40代に入って子宮筋腫、うつ、パニック障害、不眠症と、ずっーーーーと、不調で過ごしてきました。

そんな私にとって、生きづらさや疲れやすさの改善は真剣なものでした。気功治療院で冷えとりが良いと言われれば真剣にやったし、その後、生きづらさを改善しようと心屋塾マスターコースにも行きましたが、その時も真剣に自分と向き合っていました。

そして、ロボット人間から普通の人間になっていくように、少しずつ、自分という意志を持ち、自分を肯定し、自分を大事にするようになりました。その時、この当たり前のことが、できていなかったと思ったら、怖くなりました。

これからの人生は、自分を大事にしていきたいと思っています。

クライアントさんによっては、共感してくれるカウンセラーを望まれる方もいると思います。しかし、私は、共感よりも現状から一歩前へ前進できる方向へ行って欲しいと思っています。

クライアントさんも、そんな人が多いように感じますし、そんな人は結果がついてきています。

これが、私流のカウンセリングです。
自分の心とからだに真剣に向き合える方、私と一緒に改善を目指していきましょう。


まずは、自分を理解する

生きづらさを抱えている人は、もともと本来の自分ではない自分で生きようとしています。

だから、 辛いし、 苦しいし、うまく生きられない。
そして、こんな自分ではダメだ。と自分を責めてしまう。

自分のことは自分が一番わかっている。 そう思っていても、 実は、そう思いこんでいるだけなんです。
本当の自分は、奥底にしまってある自分。 その奥底にしまってある自分に気づいた時、

心が開放されていきます。

しかし、奥底にある自分は、そうそう表には出てきてくれません。
様々な要因で、自分の心に蓋をしてしまい、 さらに無意識の強い思考でそれを見ないようにしています。

では、どうしたら奥底の自分を知ることができるのでしょうか。

心の蓋は簡単にあく

私達は、生まれてからこれまでの人生で様々な体験をしてきました。
嬉しい体験、 楽しい体験だけでなく、嫌な体験、 怖い体験、 苦しい体験、 辛い体験など、 それらの体験は、すべて経験として潜在意識に残ります。

潜在意識に残ったものは、 だいたい心の自然治癒力で忘れていきますが、
自然治癒力で解消されずそのまま残っているものがあります。

これを異常反応と呼びます。

異常反応とは、0歳から2歳頃までの間に何らかの衝撃を受け、できてしまった心の汚れのこと。
この汚れは、できたら一生消えません。

カウンセリング、認知療法、瞑想や催眠療法でも消えません。
そして、ここが重要なんですが、 異常反応は、心の自然治癒力の足を引っ張ります

心の自然治癒力が正常に働かないと、怒りや悲しみなど感情がうまくでません。
そして、徐々に生きにくくなります。

この異常反応を解体することで、 心の蓋もあき、自然治癒力が最大限発揮することになります。

心のデトックスがカギを握る

一義流気功で異常反応の解体し、自然治癒力が活性化されるとどうなるか。
ひとことで言えば、心と体のデトックスが始まります。

心のデトックスとは、ネガティブな感情が出てきます。
悲しい、怖い、不安、怒り、落ち込む、うつっぽい、虚しいなど。

体のデトックスとは、弱い部分から出る傾向にあります。
頭痛もちの人は、頭痛。 胃腸の弱い人は、吐き気・胃痛。 婦人科系が弱い人は、生理痛やPMS。
他に、吐き気、腰痛、耳鳴り、湿疹、だるさ、ものもらい、眠気などほんとうに様々です。

これを瞑眩(めんげん)とか、好転反応と呼びます。

しかし、こうして心の汚れを出しても、無意識の強い思考でまた新たに作り出す場合があります
通常、カウンセリングなどで、解消していきますが、トラウマなど、ネガティブな強い思考の場合は、なかなか解消できません。

そのため、通常のカウンセリングではなく、感情を出しながらカウンセリングをしていく気功カウンセリングや、トラウマの気功や、無意識の誤まった思考パターンを解放をしていきます。

emplirでは、このように生きやすさにとことんこだわり、妥協することなく、徹底的に心とからだと向き合っていきます。